腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
たんぱく質の最適な摂取量とは、標準

たんぱく質の最適な摂取量とは、標

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになるでしょう。

60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

栄養士からのご飯指導で、これらの蛋白量に関するいろいろと工夫してやっていけます。

開業医さんでご飯指導がむずかしい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。

腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球をつくるホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど重要な役割を担っています。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、たいへん重要な働きを私立ちの体の中で行っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院しそれに応じた治療をうけることが望ましいですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。

毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明瞭にします。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。

適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。

毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。

食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。

まずは具体的な使い方に関して、管理栄養士に相談して下さい。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりも大概はカリウム含有量が非常に高いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなるでしょう。

薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を防ぐためにもこれらの自発的な管理が必要です。

そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧治療を容易にして、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされているんですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると約半分であるせいで、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。

腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、普段からマイペースなリズムで生活することによって気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

ところが、腎臓病の中にはかなり進行するまで無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。

場合によっては尿に病気のサインが出るので、まずは医療機関での受診を優先しましょう。

腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると一般的に腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)へ移行します。腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)と、長い期間を経てじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)があります。急性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)においては、的確な治療と腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。

慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)については、その特徴によりゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。

一度失われてしまった腎臓の機能は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)に推移します。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

また、末期腎不全(急性腎不全と慢性腎不全があり、薬のアレルギーや急激な血圧の低下なども腎不全の要因になります)まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずますます治療法も増加しており、患者自身の願望に沿った治療を見つけることが可能です。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.