腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
一日のご飯の種類や量についてや、

一日のご飯の種類や量についてや、ご

一日のご飯の種類や量についてや、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。

たとえば低たんぱくご飯療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。

24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

腎臓の負担を軽減するためには、減塩する事が大事です。

食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。

たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として市販やネット通販(支払い方法には注意が必要かもしれません。クレジットカードの使用が不安なら、銀行振り込み、代引き、ネットマネーなどで支払うと良いでしょう)の「低タンパク質食品」も選択できます。目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談して頂戴。薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行なうことが大事です。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実行に移せない方がたくさんいるのです。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、大抵は体内のカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)を排泄する働きが低下していき、カリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)の摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)の量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って含まれているカリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)が、間ちがいなく多量です。

その影響で、腎機能が低下している患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム(アルカリ金属元素の一種で、原子番号は19番、元素記号はKです)血症に陥る可能性が出てきます。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまで色々ですが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

ですが、腎臓病の中には症状が顕れなかったり日常に支障をきたさないものもあるため、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。

日常生活の中で普段と違う尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。

腎臓病が徐々に進展してくると腎不全へと推移します。

病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があるのです。急性腎不全においては、的確な治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、腎臓の機能が回復する可能性があるのです。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と伴に徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。背中に二つ存在する腎臓で尿がつくられ体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創る働きをしたり、私立ちの体にとって大切な働きをしているのです。 言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、日々のご飯や生活の習慣を見直すことが不可欠です。一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅延も見込めます。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の希望に沿った最良の治療が望まれます。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰の辺りに左右1個ずつあるのです。

腎臓は糸球体という小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主な働きは、たんぱく質の代謝により生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球を創るホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関わるホルモンを創るなどの重要な役割を担っています。

理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

もし標準体重が60kgくらいだったら、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。たとえば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。

これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。

開業医さんでご飯指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介して貰い、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.