腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのよう

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにし

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれに相応しい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それに必要な紹介や説明もしていきます。患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。一日における排泄物を検査し計算をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかを知ることが可能です。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で不要になった老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓の治療はもちろん病院にきて相応の対処も必要ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。

一度失われてしまった腎臓の機能は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずますます治療法も増加しており、各々の条件に適した最良の治療が望まれます。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

たとえば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。

これらの食事療法については、栄養士からの食事指導で具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。開業医さんで食事指導を受けられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液中の老廃物(代謝などによって生じた体にとって不必要なものです)や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。

体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、または、赤血球を創るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関わるホルモンを創るなどの重要な役割を担っています。

CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が相応しいとされていますが、この数値は日本人(最近では海外で活躍する方も増えていますね)が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。

食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用をお勧めします。

食材の味を楽しむことができます。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。

管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみて頂戴。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると腎不全といわれる状態になります。

腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。

急性腎不全では、適切な治療を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能回復が期待できます。

後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供にゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活を送ることができます。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自己判断が難しいものもあるので、常日頃の健康管理が大切です。

判断材料として尿の状態があるので場合によっては、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。

もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.