腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
食塩制限は腎臓の負担を軽くします。

食塩制限は腎臓の負担を軽くします

食塩制限は腎臓の負担を軽くします。

一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品選びを心がけましょう。

毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

薄味でもおいしく食べることが可能です。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物です。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」が一般に販売されています。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょーだい。多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較すると多量のカリウムがふくまれています。

そういった理由も含めて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに危険性のある高カリウム血症に陥る可能性が出てきます。

健康な腎臓機能でなくなると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。

近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかますます治療法も増加しており、個々の状態と環境にマッチした治療を選ぶことが期待できます。

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

もし標準体重が60kgくらいであれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。

栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的な工夫について指導して貰うことも可能です。

仮に開業医さんに食事指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。

たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、前向きにこれらの管理をおこなうことでCKDの悪化を抑制できます。

そのための食事療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。

糸球体という小さな血管があるものの、腎臓にはこれが数多く存在している場所でもあるためす。この腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。

その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球を作るホルモンや血圧の調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで心身いっしょに活力溢れた毎日を過ごすことが可能です。それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには日常に支障をきたさないものもあるため、予防がなかなか難しいのも現実です。

いつもの暮らしの中で普段とちがう尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。

その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経てじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。慢性腎不全については、その特性により徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在しはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体にとって大切なはたらきをしています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.