腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減す

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することに繋がります。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。

加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を選びましょう。

料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

薄味でもおいしく食べることができます。

たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてみて下さい。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

もし標準となる体重が60kgくらいであれば、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。

それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で調べてみるといいでしょう。

このような食事療法については、栄養士の指示で具体的に応用した食事を創ることも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、専門的意見を頂くこともよいと思います。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウム(肥料としてもよく使われています)の排泄能力が衰退していく事が多く、カリウム(肥料としてもよく使われています)の摂取と排泄のバランスを維持するために、これまで摂っていたカリウム(肥料としてもよく使われています)の量を減らす必要が出てきます。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生野菜や素のままの果物に比べて大概はカリウム(肥料としてもよく使われています)含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム(肥料としてもよく使われています)血症を呈する危険性が多くなります。

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、あるいは食塩の抑え方などを指導します。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べる事で、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保つ、あるいは、赤血球を創るホルモンや血圧の調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどのたいへん重要な役目を司っています。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。

近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅らせることができるようになりました。

もし、末期の腎不全になっ立としても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものには多種色々な治療法も増えているので、患者自身の希望に沿った治療を選ぶことが期待できます。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。

ところが、腎臓病の中には結構進行するまで自分ではなかなかわからなかったりするので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。尿に違和感があった際には、まずは医療機関での受診を優先しましょう。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を造り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を造り出したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し薬を飲んだり注射をしたりすることが大切ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大切です。腎臓は働きが弱くなると病状が進んで一般的に腎不全へ移行します。その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、逆に長期にかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

急性腎不全においては、的確な治療と腎臓の機能を悪化指せた原因を取り除くことが出来たら、腎臓の機能が回復する可能性があります。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行と供に徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。

CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施困難な方を多く見うけます。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.