腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、大抵は体内のカリウムを排泄するはたらきが低下していき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生野菜や素のままの果物に比べて多量のカリウムがふくまれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで次は腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)と呼ばれる状態になります。

病状が急速に悪化する急性腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)と、長期間にわたりゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)があります。急性腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)の場合は、病状に相応しい治療と容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能回復が期待できます。

一方、慢性腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)では腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)の進行に伴って腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。食塩制限は腎臓の負担を軽くします。一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。

毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。

たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質の制限を必要としている方に相応しい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみて頂戴。

1日に何をどれくらい食べたらよいかや、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、治療と症状を悪化させない生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を心がけることで健康的な生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)を維持することが可能になります。

けれども、ある腎臓病に関しては自己判断が難しいものもありますから、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。

日常生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)の中で普段と違う尿が出た場合は、医療機関を受診しましょう。

近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を造り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、たいへん重要なはたらきを私立ちの体の中で行っています。

当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それ以前に、日頃の食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)習慣を見直すことが大事です。

腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。

腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。

その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関わるホルモンを作るなどの私立ちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。

60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品にふくまれている蛋白の量についてはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で具体的に応用したご飯を作る事も出来るです。開業医さんでご飯指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。ご飯療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は普段のご飯よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、中々実践に踏み切れない方も多く存在します。腎臓の機能に異常が顕れた時は、慢性腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)に進行するパターンがほとんどです。

とはいえ、近年の医療技術の発展により早期発見・早期治療が実現できるので、腎臓の機能の低下を防いだり、悪化を食い止めることも不可能ではありません。

末期の腎不全(心不全や夜間尿、血液の低下、貧血、高カリウム血症などが起こる可能性があります)(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種様々な治療法も増えているので、患者自身のQOL(生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)の質)に合った治療を見つけることが可能です。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.