腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします!

ホームボタン
腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善

腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較すると大概はカリウム含有量が非常に高いです。

その影響で、腎機能が低下している患者さんが、いつも野菜ジュースを飲んでいると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を創り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)は持ちろん病院にきてそれに応じた治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をうけることが望ましいですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が重要なのです。

たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。

もし標準体重が60kgくらいであれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

例えば、食品に含まれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。

このような食事療法については、栄養士の指示で自分なりのアイデアを取り入れることもできるでしょう。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

健康な腎臓機能でなくなると、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。

進行の回避には早期治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、なるべく現状を保つことも期待できます。また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を選ぶことが期待できます。

毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱく食事療法ですと、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。

日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。

腎臓はソラマメに似た形をした臓器で腰の辺りに左右1個ずつあります。

腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く集まっています。

腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液中の老廃物や毒素(体にとって害をもたらす物質です)を尿中に排泄します。

体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球をつくるホルモンや血圧の調整、骨組織に必要なホルモンを創り出すなどのたいへん重要な役目を司っています。

腎臓病が徐々に進展してくると次は腎不全と呼ばれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を行って病状に至る原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。

ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によってゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。

腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、後天的なものが原因で発症するものなどいろいろありますが、健康診断を習慣化し、病気と無縁の生活状態を意識することで心身ともに活力溢れた毎日を過ごすことができます。

ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、すぐに医師へ相談した方がいいでしょう。

薬物療法と食事療法がCKD治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが重要なのです。減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。

CKDステージ3であれば減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日を推奨していますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、ナカナカ実践に踏み切れない方も多く存在します。

食塩の制限は、腎臓の負担を軽減することにつながります。

食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などは、天然のだしを聴かせましょう。

食材の味を楽しむことができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多く含まれる食べ物です。

これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

具体的な使い方については、管理栄養士に相談して頂戴。

Copyright (C) 2014 腎臓病の食事制限には宅配食をおすすめします! All Rights Reserved.