腎臓病食事宅配ランキング

慢性腎臓病は正しい食事療法が病気の進行を遅らせることができます。ただ、手間と時間がかかり、ご家族の方にもぐ負担がかかります。正確に楽に食事療法を進めるには制限食の食事宅配サービスを利用するのが賢明です。宅食サービスのランキングでわかりやすく説明しています

食事で摂取したたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓の内部で分離され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を調整する必要が出てきます。

とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、不足しないように補給する必要があります。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。

糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に居座り続けることはありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のランキングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。

ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。健康を損なわない最低限度のたんぱく質摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日換算で約30g~40gです。慢性腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、なるべく慢性腎臓病を悪化させない事と、現在の健康状態のキープです。人工透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、人工透析導入を遅らせることができます。

この他、人工透析を要する状況となっても、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必要不可欠です。腎臓病では 糸球体がおかされるために血流が悪くなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。

加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座りつづけるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム濃度が増加し高血圧を引き起こす危険性が出てきます。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を体内へと送り続ける必要があるのです。

腎臓病の食事療法でカリウム制限の時の食事は?

最も腎臓病食事宅配で痩せる方法は、夕食を酵素ドリンクに置き換えることを一ヶ月は少なくとも連続してやることです。希望の体重になれたとしても、突然に元の食生活に戻してしまうのではなく、摂取するカロリーを低く抑えた消化のしやすい食事にしましょう。

腎臓病食事宅配をやめたとしても毎日きっちりと体重を計り続けて、うっかりリバウンドしないようにすることが大事な点です。普通の低たんぱく食では部分痩せというのはなかなか難しいとされてきましたが、腎臓病食事宅配が進むと、それにつれ大抵の場合に足痩せ効果も出てくるようです。

クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓でろ過されたあと尿と一緒に体外へ出されます。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が少なくなれば、クレアチニンの量も減少します。

この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニンの度量が多くなるため、クレアチニン値が低くなります。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものと言えど思った以上に沢山のたんぱく質が含まれているのです。

お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含まれます。

効果の高さで注目を浴びる腎臓病食事宅配ですが、失敗する場合もあります。失敗パターンでよくあるのは、酵素の摂取によって消化能力が強化されたから「どれだけ食べても太らない」と誤解して、だらだら大量に飲み食いするようになってしまった事例です。

それから、これもまた人気の高いプチ断食と一緒に実行しているところで、普段の食生活にいきなり戻ったりすると、高い確率で失敗してしまいます。腎臓病食事宅配が残念ながら不成功に終わってしまうことで太りやすい体質になってしまう場合があって、その点は警戒しながら実行してください。

カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、個々の食品や調理を行う際の水量・形状・処理時間次第で変動します。

数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。慢性腎臓病でも食事療法が適切であれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、慢性腎臓病の進行を妨げる事も可能になります。

ページの先頭へ